オセアニア
オーストラリア
  • アデレード
  • キャンベラ
  • ケアンズ
  • ゴールドコースト
  • サンシャイン・コースト
  • シドニー
  • ダーウィン
  • パース
  • ブリズベン
  • ホバート
  • メルボルン
フィジー
  • ナンディ
ニューカレドニア
  • ヌメア
ニュージーランド
  • ウェリントン
  • オークランド
  • クイーンズタウン
  • クライストチャーチ
  • ダニディン
フランス領ポリネシア
  • パペーテ (タヒチ)
バヌアツ
  • ポートビラ
ワリー・エ・フトゥーナ
  • フトゥナ諸島
  • ワリス諸島
アジア
カンボジア
  • プノンペン
ちゅうごく
  • 上海
  • 北京
  • 香港
かんこく
  • ソウル
アラブしゅちょうこくれんぽう
  • ドバイ
インド
  • チェンナイ(マドラス)
  • デリー
  • ムンバイ
インドネシア
  • ジャカルタ
  • デンパサール
にほん
  • 名古屋
  • 大分
  • 大阪
  • 札幌
  • 東京
  • 沖縄
  • 福岡
ラオス
  • ヴィエンチャン
マレーシア
  • クアラルンプール
  • シンガポール
ネパール
  • カトマンズ
フィリピン
  • マニラ
スリランカ
  • コロンボ
タイ
  • チェンマイ
  • バンコク
  • プーケット
台湾
  • 台北
ベトナム
  • Ho Chi Minh City
  • ハノイ
ヨーロッパ
ドイツ
  • デュッセルドルフ
  • ハンブルク
  • フランクフルト
  • ベルリン
  • ミュンヘン
イングランド
  • ロンドン
オーストリア
  • ウィーン
ベルギー
  • ブリュッセル
デンマーク
  • コペンハーゲン
スペイン
  • Ibiza
  • Seville
  • バルセロナ
  • マドリード
フランス
  • ストラスブール
  • トゥールーズ
  • ナント
  • ニース
  • パリ
  • ブレスト
  • ボルドー
  • マルセイユ
  • モンペリエ
  • リヨン
フィンランド
  • ヘルシンキ
イタリア
  • Naples
  • ミラノ
  • ローマ
  • ヴェネツィア
ラトビア
  • リガ
オランダ
  • アムステルダム
ポルトガル
  • Porto
  • リスボン
ノルウェー
  • オスロ
チェコ
  • プラハ
ロシア
  • サンクトペテルブルク
  • モスクワ
スウェーデン
  • ストックホルム
  • ヨーテボリ
スイス
  • ジュネーブ
  • チューリッヒ
北米
カナダ
  • トロント
  • バンクーバー
アメリカ
  • グアム
  • サンフランシスコ
  • ダラス
  • ホノルル
  • ロサンゼルス
その他の大陸
みなみアフリカ
  • ケープタウン
  • ヨハネスブルグ
ケニア
  • ナイロビ
オーストラリア
  • アデレード
  • キャンベラ
  • ケアンズ
  • ゴールドコースト
  • サンシャイン・コースト
  • シドニー
  • ダーウィン
  • パース
  • ブリズベン
  • ホバート
  • メルボルン
フィジー
  • ナンディ
ニューカレドニア
  • ヌメア
ニュージーランド
  • ウェリントン
  • オークランド
  • クイーンズタウン
  • クライストチャーチ
  • ダニディン
フランス領ポリネシア
  • パペーテ (タヒチ)
バヌアツ
  • ポートビラ
ワリー・エ・フトゥーナ
  • フトゥナ諸島
  • ワリス諸島
カンボジア
  • プノンペン
ちゅうごく
  • 上海
  • 北京
  • 香港
かんこく
  • ソウル
アラブしゅちょうこくれんぽう
  • ドバイ
インド
  • チェンナイ(マドラス)
  • デリー
  • ムンバイ
インドネシア
  • ジャカルタ
  • デンパサール
にほん
  • 名古屋
  • 大分
  • 大阪
  • 札幌
  • 東京
  • 沖縄
  • 福岡
ラオス
  • ヴィエンチャン
マレーシア
  • クアラルンプール
  • シンガポール
ネパール
  • カトマンズ
フィリピン
  • マニラ
スリランカ
  • コロンボ
タイ
  • チェンマイ
  • バンコク
  • プーケット
台湾
  • 台北
ベトナム
  • Ho Chi Minh City
  • ハノイ
ドイツ
  • デュッセルドルフ
  • ハンブルク
  • フランクフルト
  • ベルリン
  • ミュンヘン
イングランド
  • ロンドン
オーストリア
  • ウィーン
ベルギー
  • ブリュッセル
デンマーク
  • コペンハーゲン
スペイン
  • Ibiza
  • Seville
  • バルセロナ
  • マドリード
フランス
  • ストラスブール
  • トゥールーズ
  • ナント
  • ニース
  • パリ
  • ブレスト
  • ボルドー
  • マルセイユ
  • モンペリエ
  • リヨン
フィンランド
  • ヘルシンキ
イタリア
  • Naples
  • ミラノ
  • ローマ
  • ヴェネツィア
ラトビア
  • リガ
オランダ
  • アムステルダム
ポルトガル
  • Porto
  • リスボン
ノルウェー
  • オスロ
チェコ
  • プラハ
ロシア
  • サンクトペテルブルク
  • モスクワ
スウェーデン
  • ストックホルム
  • ヨーテボリ
スイス
  • ジュネーブ
  • チューリッヒ
カナダ
  • トロント
  • バンクーバー
アメリカ
  • グアム
  • サンフランシスコ
  • ダラス
  • ホノルル
  • ロサンゼルス
みなみアフリカ
  • ケープタウン
  • ヨハネスブルグ
ケニア
  • ナイロビ

家族で行くニューカレドニア

家族みんなで天国にいちばん近い島を楽しもう

ニューカレドニアは、家族みんなが楽しめる冒険の島。ネチャ川沿いをマウンテンバイクで走ったり、アメデ灯台島でグラスボートに乗って海の底をのぞいてみたり、モン・ムーでジップラインを楽しんだり。天国にいちばん近い島、ニューカレドニアは家族旅行にもぴったりです。

旅のエッセンス

ニューカレドニアのいろんな顔を発見しよう

ニューカレドニアの自慢のひとつは、ほかの南国の島にはない風景やアクティビティを堪能できること。北部州から南部州、そしてロイヤリティ諸島に至るまで、ニューカレドニアの空と海、そして大地が、訪れる旅人を大きな幸せで包んでくれます。そんなニューカレドニアの魅力を発見するなら、自分たちのペースで周れる車での移動がおすすめ。まずはグランドテール島の旅へ出発です。

押さえておきたいおすすめスポット

ニューカレドニアをぐるっと見て回ろう

北部州の東海岸でヤンゲンのメンドリを見る

首都ヌメアから北東へ車で5時間の距離にあるヤンゲン。ここでおすすめなのがリンデラリックでのカヤックツアー、そしてラグーンに浮かぶ「ヤンゲンのメンドリ」とも呼ばれるかの有名なチキンロック。ニューカレドニア屈指の美しい景色に、子どもたちも夢中になってカメラのシャッターを切ること間違いなしです!さらにヤンゲンから数キロ北上して、ここでしか乗れない珍しい渡し船に乗れるウァイエムの渡しへ。向こう岸までわずか数分の船旅ですが、一息いれながら緑がまぶしい渓谷の景色を存分に楽しめます。

ポアンディミエ(東海岸)

ポアンディミエでは、部族の村やシャンブル・ドットに滞在しながらその土地の風習に触れることができます。エビ漁やカゴ編み体験、ブーニャ作りや伝統的ないかだで川下りなど、子どもたちも喜ぶアクティビティがいっぱい。ニューカレドニア屈指の美しい景色の中、現地の人々と奥深い文化交流を楽しむことができます。

「ブルサール」の心に触れられる西海岸

「ビエンヴニュ・ア・ラ・フェルム」ネットワークを活用すれば、地方の生活を体験しニューカレドニアの人々が大事にする「ブルサール」の精神に触れることができます。家畜を駆り集めたり投げ縄にチャレンジしてみたり、ロデオのデモンストレーションや動物の赤ちゃんの餌やり、キャンプファイヤーを囲んでのBBQなど、プログラムはさまざま。家族全員が夢中になること間違いなしの「ファー・ウェスト」を満喫してください!

ブーライユ、ポエ(西海岸)

ブーライユ周辺には、世界最大のラグーンを家族で満喫できるアクティビティが目白押し!小さいお子さんのいる家族連れにおすすめなのは、バリアリーフでのグラスボートやスタンドアップ・パドルのレッスン。もっと大きいお子さんなら、ウィンドサーフィンやカイトサーフなどのマリンスポーツも楽しめます。絶対に体験してほしいのはポエの海岸で14kmの乗馬です。さらにアクティブなご家族は、デヴァ地域でマウンテンバイクやハイキングにチャレンジしてみて。素晴らしいラグーンの眺めが楽しめます。青いラグーン、白い砂浜、そして緑の乾燥林を背景に、世界に一枚だけのセルフィーを撮りましょう。

リビエール・ブルー州立公園(グランスッド)

グランスッドの特徴といえば赤土の大地や月面世界のような風景、そしてこの地方特有の植物です。リビエール・ブルー州立公園は家族連れにぴったりの場所。マウンテンバイクや子供用自転車のレンタルはもちろん、もっと小さいお子さんがいるご家族向けにチャイルド・トレーラーのレンタルもあります。またカヤックでの川下りや、ピクニック・エリアもあるので水遊びやキャンプもできます。そしてニューカレドニアを象徴する鳥といえばカグー。野生のカグーに会えるチャンスが一番多いのもこの公園なんです!

南部の森でツリートレッキング

ニューカレドニアは森の緑を3Dで感じられるツリートレッキングのコースも充実しています。カオリの木やバニアンツリー、タマヌの木など、ニューカレドニアの森を代表する堂々とした巨木から森を見下ろせば、様々な植物が広がる美しい景色に心奪われることでしょう。グランド・フジェール公園やリビエール・ブルー州立公園、クルーアンやパイータの何百本ものカオリが茂る森など、あちこちに4歳以上のお子さんもトライできる様々なコースが整備されています。

ロイヤリティ諸島

島のリズムに身をまかせて、ゆったりとした安らぎに包まれましょう。まるで自分の家にいるかのような快適さに加え、子どもたちも安全な環境で思いっきり島遊び。あちこちにできた自然のプールで、色とりどりのお魚たちとシュノーケリングを楽しんだり、ニューカレドニア自慢の美しいビーチでのんびりお昼寝したり。ほかにも幻想的な洞窟を探検したり、村で伝統的なブーニャを味わったりと、プログラムも充実しています。忘れてはいけないのが帆かけ船ピローグのツアー。ターコイズブルーの水面が美しいラグーンや白い砂が輝くビーチを眺めながら島を巡ります。
お役立ち情報
アクティビティー

ニューカレドニアのあらゆる魅力を思い切り楽しむ

お得な運賃プラン

最もお得な運賃でヌメアまでのフライトを予約するならこちら

ホテル

お得な値段にて宿泊手配を!

レンタカー

お得な選択を!